プロフィール

池田真優/Ikeda Mayu(いけまゆ)
現代アーティスト(画家)

【プロフィール】

1994年生まれ、愛知県犬山市出身。東京都在住。

現代アーティスト(画家)、主にPCを一切使わずにiPhoneのみでデジタルアートを創作する。

中央大学経済学部経済学科2019卒

日本経済新聞から「様々な分野から厳選した新しい時代のリーダー」にアート部門で
2018年選出される。

FBページで発表したiPhoneで指で描いたデジタル絵画は、
FBページを開設後僅か2ヶ月で世界中から反響があり、100万人からの反響、6214件のシェアを得る。(アート活動は独学で2017年度から始める)

アート活動を通して、言語や国境を超えて世界を一つにしたい。世界平和を願い活動を行う。

また、「What is Art?アート論」というアートコミュニティを2017年に創設し、現在も続けている。1164名のコミュニティである。

サムライアートムーブメント2025を立ち上げ、万博が開催される2025年に向けて、「伝統と革新」を掲げ、日本文化の世界の発信を掲げ活動している。

今年4月には、自身で企画編集デザインを行いアートのアプリの開発を行い、アプリ開発コンテストは審査員から選んでいただき入賞する。

また、文化だけでは民間の壁を感じ、経済と政治を文化に結びつける活動をし始める。8000人の若者に留学の機会を築いた「トビタテ留学制度」や「日本遺産」という制度を文化庁に築いた、下村博文元文部大臣、現政調会長の「トビタテ 下村博文政経塾」の役員(副幹事長)に就任。アートや文化に対して、国の制度から変えていきたいと考えている。

4/14 「女性のキャリア支援の会」を創設。今後アーティストや個人事業主、起業家など幅広く輝く女性の支援を行なっていく予定である。

【official HP】https://coolwoman.jp/

今後は、youtubeで1億948万再生の実業家とのコラボレーションが決定している。

5月に渋谷東急セルリアンタワー 日本遺産情報センター(世界遺産がユネスコ、日本遺産が文化庁の新制度、日本遺産情報センターが社団法人)で常設展示が決定となる。

そして、経済への知見を高めるため、渋沢栄一氏の御子息渋沢健さんの渋沢栄一の思想である
「論語と算盤」経営塾に2021年5月18日から入塾。

デジタルアート アクリルブロック

【FBページ運用に関して】

2018年9月にofficialページを創設。10月に本格的に運用し始め、

約1ヶ月で自身のデジタル絵画に100万いいねを超える投稿も現れた。

現在1万5883人の方にフォローをしていただいている。

今後はグローバル展開に向けて、ブランディングや戦略的PRを積極的に行います。

※尚いいねは能動的リアクションであるため、再生数より難易度が高いが、2021年には作品に対して1億いいねを達成する目標を考えて、実現に向けて動いている。

【FBグループ】

経営者やVCを中心としたFBグループの創設をシリコンバレーに渡米した事を機に始めた。2017年10月から運用を始め、現在1615人の方が御参加くださっている。

【アート活動歴】
2017年4月〜

創作活動をSNSで開始する。デジタルアート作品をInstagramを通して発表し始める。幼少期から雑誌「ちゃお」に絵画が掲載されたり、賞を受賞し新聞に絵画が掲載されていた経験やアートを通して人が驚いたり喜んでくれた体験をした原体験を思い出し、
経済学専攻であったが、絵の道を歩む決意をする。

▼デジタル作品

海の激しさ、波をモチーフにした作品
宇宙をイメージ

2017年7月

ポララボが主催する代々木での共同展示会に初出展。子供に笑顔になってもらう事を目標に展示を行い、親子で来てくださった方が、喜んでくださった。

2017年9月 シリコンバレープログラム参加、アートと経済を繋ぐために視察。

2018年3-4月 シリコンバレー、ニューヨークでアートと経済に関して知見を深める。

2018年5月 中国のシリコンバレーと呼ばれる、深圳へ、深圳視察プログラムに参加。

2018年9月 公式FBページを開設

その後、僅か二ヶ月で一つの作品に対して、国境や宗教、言語の壁を超えて100万いいねを得た。アートを通して世界は一つになる事ができるんだ、そう確信した。

なお、FBページの運用は全て自身で行った。

シェアは6214件、コメントは4562件(私の返信含む)があった。

100万いいね達成!

※尚、この絵画以外も数万いいねの反響を得ている。

デジタルの静止画の作品以外に、空間演出や映像の作品を独自の手法で行なっている。

今後は、VJも行いたい。

2019年4月 アナログ絵画の作成に取り掛かり始める。

▼【未来への力】をコンセプトに絵画制作を行う。

2019年5月 株式会社TRiCERAの創業期に、ビジョンに共感し、初期のブランドアンバサダーに就任、
アート市場改善に向けて、力を入れて取り組む事に致しました。

2019年6月

・プールにて水中アートプロジェクトに写真家の方と取り組ませていただく事になり、水中用のフェイスペインティングを行なわさせていただく。

▲フェイスペインティング×水中のコラボレーション作品(水中カメラマン西川隼矢氏、御撮影)

【日本経済新聞寄稿活動】
2018年7月〜

日本経済新聞社の運営するCOMEMOにて、公式寄稿者としての活動を始める。

日経新聞電子版のトップページに、

計13回掲載していただきました。

公式寄稿者として、2019年末まで取材活動や記事の執筆に携わらせていただいておりました。取材先や段取り、企画編集は自身でアポイントを取り、行なわさせていただきました。

なお、キーオピニオンリーダーの中で2位に選出いただきました。

日経新聞のトップページ(PC版に掲載)

日経新聞のトップページ(スマホ版に掲載)


2018年8月

都立神代植物公園から依頼を受け、ナイトアートをさせていただきました。森林と融合した光の演出をしました。光る風船を用いて、森全体を空間演出しました。

【2019年9月】

「伝統と革新」を掲げた、日本の伝統文化と前衛芸術の良さを見直す「サムライアートムーブメント2025」を立ち上げる。

2025年の大阪・関西万博到来に向けて、「サムライ魂」に着目し、熱いムーブメントを行なっていく。2021年現在180名のコアメンバーがおり、コンセプト立案から具体的施策まで考えながら、歴史的意義のある藝術運動になるように慎重に打ち合わせを重ねながら、実現に向けて具体的にプロジェクトを動かしています。

【2019年11月】

埼玉県草加市「映像美術館」でプロジェクトマッピングを行わさせていただく。

【2019年11月】

シンギュラリティ後の世界のアートの在り方、というイベントを共同で企画させていただき、第四次産業革命に纏わる実業家とブロックチェーンのパイオニアでメディアアーティストの方との対談を行い、モデレーターを務めました。

第二弾は僧侶とメディアアーティストの対談を行いました。題名は「AIに導かれる流行と人が持つ普遍の感性」です。

※第一弾対談ライブ配信
https://www.facebook.com/mayuikedaart0807/videos/2455154111439884/?d=n

※第二弾対談ライブ配信
https://www.facebook.com/mayuikedaart0807/videos/2528229127465715/?d=n

【2019年12月】

U29メディアに生き方について取材していただきました。

SNS×アートで世界に挑む現代アーティスト・池田真優

http://u-29.com/2019/12/10/mayuikeda/

【2020年6月】

数々の伝説を生み出した音楽家の牧野信博さんに、作品に合わせて音楽を作曲していただきました。

【2020年10月】

大阪ガス企業内研究所である大阪ガスエネルギー文化研究所主催のフォーラムで、

未来をどうしていきたいか」万博や万博以後の未来やアーティストの視点からみて「大阪をどう感じるか」について、若手アーティスト代表としてプレゼンさせていただきました。

このフォーラムは、コロナ禍を乗り越えて実は一年がかりで実現されました。

大阪ガス・エネルギー文化研究所元所長・現顧問の池永寛明氏は、「空前絶後のフォーラムとなった」と仰っていました。

【2020年10月下旬】

中野順哉氏が、小説が出版されました。表紙を担当させていただきました。

【2020年10月下旬】

品川イーストワンタワーで「エレベーター美術館」に出展アーティストとして参加させていただきました。

【2020年12月15日】

美しい時代をつくる人たち、というコンセプトの動画メディアで取材していただきました。

題名

アートと社会の格差をなくしたい!アートルネッサンスを起こす現代アーティスト 池田真優さん

https://rerise-news.com/culture-art/mayu-ikeda/

【2021年】

2020年10月に開催された大阪ガス主催のフォーラムのプレゼンが記事になりました。

PDF https://www.og-cel.jp/project/ucoro/pdf/2020timesVol1314.pdf?fbclid=IwAR0Cc-ofq11MfmV9Y2YMXu3EFMuycAOCqunucX6p3L7FHYsHvsmwxJzfdt0

【2021年 3/22-28】

東急セルリアンタワー(渋谷) ロビー階/日本遺産情報センター(世界遺産はユネスコ、日本遺産は文化庁の新制度)で個展を開催。

映像や音楽とのコラボレーションなどをお楽しみいただけるように致しました。

【2021年 3/27-4/18】

寺田倉庫のWHAT CAFEで「24molos」グループ展に参加。

【3/29全国新聞にカラーで掲載】

親への感謝、アート活動などについて夕刊フジに掲載いただきました。中森明菜さんと同じページに「親孝行娘」という素敵なコーナーに掲載いただきました。

【4月/自身でアートのアプリ開発を初めて行う】アートのアプリ開発にチャレンジ。

初のアプリとなる「アートで人生診断!?」をリリースし、アプリ開発コンテストで入賞する。

※アプリはダウンロード不要で、こちらのリンクから無料でお使いいただけます!

https://share.click.gmbh/053dac5e-cb73-4594-a089-4fe83222a141?fbclid=IwAR2vDTdaxo6PbsG7O391e0Bwpa8j9RMk4zvz2fzuLFofBPzMmFZqyZcIVsc

アプリ開発第二弾として「音声会話」機能のアプリを開発致しました。

【5月】
渋谷東急セルリアンタワー ロビー階 日本遺産情報センターで常設展示が決定する。

【5月】
5/19-6/1(26,27日休廊日)
京都で初めてグループの展示会に参加 (1展のみ展示)
場所 京都府向日市寺戸町東ノ段9-4
windfallgallery

【6月】
スペインのメディアから取材していただいた記事が発表していただく。

スペイン メディア

【ラジオ出演】

鎌倉FMの「ユイガドクソクング」のラジオ番組に4/20 22:20に放送。

鳥越アズーリ「たかしまれおのチャレンジ+」に出演予定。

【YouTube出演】

夢を叶えようとする人を応援するという素敵なコンセプトのYouTube番組「さんりんしゃ」チャンネルに出演。2021年4/4放送されました。

題名「アートで人を感動させたい、アートをもっと身近に、若き天才が挑むアートの世界」※恐縮な題名をつけてくださりました

【note(記事)について】

2018年度に書かせていただいた記事は、2018年度2万3734pv、2019年度6441pv、2020年度2181pvとなっており、3年経ても閲覧が続いている

現在noteのフォロワーは1万3912名であり、他のSNSを含めるとおおよそ5万名以上のフォロワーがいる。

【お問い合わせ】

mayu08071107@gmail.com

(お気軽に御連絡ください😊)

【Official SNS】

Instagram https://www.instagram.com/mayuikeda_artist/?hl=ja

Twitter https://mobile.twitter.com/mayumayuart

FB page https://www.facebook.com/mayuikedaart/

FB account https://www.facebook.com/mayuikedaart0807

note https://note.com/mayu0807

TikTok https://vt.tiktok.com/ZSJe38EHv/

clubhouse @mayuikeda

フォローしてくださると、嬉しいです🥰気づいた際にできるだけ返させていただきます!

【創作活動への思い】

宇宙や胎内での記憶を連想していただく作品を創出し、生命の誕生及び銀河の歪みによって新たな銀河系が生まれる宇宙の創生に迫る作品を生み出しています。科学はめざましく進歩しておりますが、すべての事象、宇宙を証明する事にはまだ至っておりません。科学者と芸術家はアプローチは違えど、神秘を追求していると思うのです。ただ証明する事は後追いになってしまいます。

私は芸術を通して、現段階では証明する事ができない事に迫っていきたいと思っています。

芸術を生み出す際に、自分と向き合い、自分という宇宙の一部に問いかける事により、神秘との融合ができ、一体となる事で、人々の魂に宇宙の記憶を呼び起こし、魂を高い次元に導いていく作品を生み出す事に繋がり、それが人類の進化に繋がるのではないかと考えております。